輸入ビジネスのことならジェトロ認定貿易アドバイザー大須賀祐のサイト

大須賀マジック完全公開DVDキット


kanzen-catch02
大須賀マジック完全公開DVDキット

大須賀マジック完全公開DVDキットの詳細・お申し込みはこちら

 

想像してください・・・

日本の借金は2014年末で780兆円に上る見込みといわれています。

以下、国の財務を左右する「財務省」のホームページより抜粋した文章です。

国の財政は、歳出が税収等を上回る財政赤字の状況が続いています。

歳出と税収等の差額を借金で埋め合わせた結果、普通国債残高は年々増加し、平成26(2014)年度末で780兆円程度に上る見込みです。
また、普通国債残高は、税収がピークを迎えた平成2(1990)年度以降約24年間で約603兆円と大幅に増加しています。
これは、景気低迷による税収の減少や景気対策等の減税により歳入は減少した一方で、公共事業をはじめとした景気対策や高齢化等による社会保障関係費の増大等により歳出が伸び続けたことによります。

いいですか?これらは国がしている発言なのですよ!

借金は、「借りたお金」です。 ということは、いつか返さなければなりません。 小学生でも知っている、当たり前のことです。
しかし、借金を返そうにも、日本にはお金がありません。なので、借金を返すためのお金を国民に負担させることになります。
あなたに子どもが産まれた時、あなたの子どもは、産まれた時から、 615万円の借金を背負って産まれてくるのです。

恐ろしくないですか?

また、国の母体である人口の数も、日本は2010年をピークに減少の一途をたどります。つまり、日本の国力はドンドン弱くなっていきます。

 

想像してください・・・

各過程の負担が増えるとどうなるでしょうか?
各家庭で使えるお金が減るわけだから、当然消費が減りますね。

人口が減るとどうなるでしょうか?
モノを買う人が減るわけだから、当然消費が減りますね。

この現状を直視した上で、あなたは仕入れから販売まで、ビジネスのすべてを 日本国内だけで行いたいですか?

もし、どうしてもあなたが日本国内だけでビジネスを完結させたいのなら、この先を読む必要はありません。

しかし、あえて言いましょう。

いまこそ海外ビジネスをやるときなんです。
いまこそが、海外ビジネスをはじめるのに絶好の時なのです。

BRICsやVISTA、NEXT11などという言葉を聞いたことがないですか?
ふと海の向こうに目を向けると、中国やベトナムなど元気のいい国がたくさんあります。

元気がよくこれからドンドン伸びる国と取引きをすれば、あなたのビジネスも当然ドンドン伸びますよね?小学生でもわかる極めて単純な話です。

「海外ビジネスと言っても、何からはじめればいいのかわからないよ。」
「海外ビジネス?外国人とやりとりなんてできないよ。」

こんな声が聞こえてきそうですね。

 

では、私がお答えしましょう。
まずは輸入ビジネスをはじめてください。

なぜなら・・・

輸入をするということは、あなたは海外の取引相手にとって、お客さんになるということです。お客さんですからあなたの英語力や業界の知識が低くても、ある程度あわせてくれるので、実際は極めて参入障壁が低いのです。

そして何より、私自身が貿易商28年のキャリアがあり、輸入ビジネスを知り尽くしているからです。

そしてそして・・・

「大須賀マジック」を使えば、そのノウハウを実行すれば、ノーリスクで、 あなたの年商を1億円、年収を3千万円増やすことができるからです。

 

kanzen-title02

輸入ビジネスと聞いて、あなたは最初に何を連想しますか?

  1. 「え?輸入ビジネス?ああ、英語ができないから無理無理」
    英語力が必要だと思っている。
  2. 「書類とかたくさん書かなくちゃいけないんじゃない?私にはできないよ。」
    書類作成に特別な知識が必要であり、難しいと思っている
  3. 「私みたいな小さな企業じゃ相手にされないでしょう?」
    大商社じゃないと相手にされないと思っている。
  4. 「最初にたくさん商品を仕入れなくちゃいけないでしょう?お金ないから無理かな」
    初期費用がたくさん必要だと思っている。

 

どうですか?

あなたの考えも上記の4つのうちのどれかにあてはまっていませんでしたか?

事実、統計をとってみたところ、私のところに相談しにくる人や私のセミナーの参加者の実に93%の人が、上記4つの連想を持っています。

最初に言っておきますが、93%の人が持つ輸入ビジネスに対する代表的な4つの連想である

  1. 英語力が必要
  2. 書類作成は専門的で難しい
  3. 中小企業は相手にされない
  4. 多額の初期費用が必要

 

これらはすべて全くの誤解です。

 

  1. 実は、あなたは外国の取引相手にとってお客さんになるので、英語力が低くても相手は辛抱強くあなたにあわせてくれます。なので、英語をたった3ワード覚えれば、輸入ビジネスで儲けることができます。
  2. 書類作成は、穴埋めすればすぐに使えるひな形を差し上げます。
  3. 輸入は中小企業でも大企業に勝てる数少ないビジネスの一つです。実際に私の会社は、地方の小さな会社でしたが、日本で私の会社しか取り扱いできない商品をたくさん持っていますし、 テレビドラマや映画などにも、商品を多数提供しています。
  4. 輸入ビジネスは、あなたの会社の現有戦力だけで、初期費用ゼロ円からスタートすることが出来ます。

輸入ビジネスは、93%の人が勝手な思い違いをして、難しいものであるという間違ったイメージを持ち、参入障壁が高くなっているのです。

私の「大須賀マジック」を使えば、超低リスク、超高利益率、難しい作業一切なしで、楽しみながら、あなたの会社の年商を1億円増やすことが出来るというのに・・・

 

日本は輸入国家です。毎年毎年輸入量は確実に増えています。

たとえばあなたは日本の食料自給率をご存知ですか?

実は、現在日本の食料自給率は先進国の中でも最低の40%ほどしかありません。つまり、日本に今ある食べ物のほとんどは輸入に頼っているという状況なんですね。

食料以外にも、衣服、燃料、おもちゃ、サプリメント、雑貨などから車や重機まで 多岐にわたるものを日本は海外から輸入し、我々の生活を支えているのです。

日本は輸入なくして存続できない国なのです。

ということはですよ。

輸入って実はものすごくビッグなビジネスチャンスだと思いませんか?

しかも、93%の人が勝手に自分で壁を作って、輸入ビジネスに参入してこないのです。

つまり、輸入ビジネスは、輸入量は増えているのに、輸入ビジネスをやる人は増えない
言い換えると、需要は増えるライバルは増えない

という未曾有のビッグチャンスが転がっている業界なのです。

 

事実、私のクライアントには、

  • ゼロから輸入ビジネスをスタートして7年で年商6.5億円を達成した若き社長
  • 品切れ続出の超人気女性下着の独占販売権を得て個人にもかかわらず上場企業相手にビジネスを展開する女性個人事業主
  • 台湾の靴メーカーの独占販売権を獲得。全国の百貨店に輸入卸をしている女性社長
  • 業界では有名な輸入卸が集まるビルにショールームを持ち、ゆうゆうと輸入ビジネスを展開するもとサラリーマン上がりの社長

などなど、輸入ビジネスで成功する方が続々と増えています。

 

あなたがこのお手紙を読み終わる頃には、あなたは93%の人が持つ4つの連想が間違いなく誤解であることを納得し、その代わりに全体の7%の人しか気づいていない輸入ビジネスの圧倒的なチャンスを知ることになるでしょう。

 

今すぐ輸入を始めるべき7つの理由とは?

こんにちは。

輸入ビジネス歴28年、ジェトロ認定貿易アドバイザーの大須賀祐と申します。

私のことをご存じない方もいらっしゃると思いますので、まずは少し私の実績をご紹介させて下さい。

大須賀祐(おおすかゆう)
大須賀祐(おおすかゆう)

1955年9月26日生まれ

ジェトロ認定貿易アドバイザー(現:AIBA認定貿易アドバイザー)、著述家、講演家
日本貿易学会正会員
株式会社インポートプレナー最高顧問

早稲田大学商学部卒
東証一部上場企業入社後、3年目で最優秀営業員賞受賞
国内ビジネスに失望し、会社を退社。その後、輸入にその身を投じる。

2004年2月当時わずか合格率8.4%の狭き門、現役で日本国内に500名にも満たない超難関貿易資格「ジェトロ認定貿易アドバイザー」を取得。全国で486人目の貿易アドバイザーとして、日本貿易振興機構(JETRO)より認定を受ける。

超難関資格であるジェトロ認定貿易アドバイザーとしての知識、28年に及ぶ貿易商としての経験、11年に及ぶ貿易アドバイジング実績、現在までに10,000件以上の商談をこなしたキャリア、心理学やNLPに基づいた巧みなコミュニケーション術を駆使したコンサルティングはクライアントから圧倒的に絶大な支持を受け、 テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、書籍などの各マスコミにも頻繁に紹介されている。

現在、輸入ビジネスアドバイザーとして、クライアントとともに年間100日強を海外で過ごし、まさに全世界的に活躍中。また中小企業向けに利益倍増のための新規事業戦略としての輸入ビジネスを提唱し大人気を博している。

特に、海外の国際見本市の現場に、クライアントを個別に伴いメーカーブースに訪問し、リアルなサプライヤーとの面談交渉を実際にやって見せながら、独占販売権の獲得にあたる様は、まさに「神の所業」と称され他の追随を許さない日本唯一のコンサルティングになっている。現在、この個別コンサルティングは、あまりにも劇的にクライアントの現状を激変させるがゆえに申込者が後を絶たず半年待ちの状態になっている。

セミナー受講者は、7,000人を超え、海外での実践講座のクライアント数は、10年間で792名を超え、今なお数多くの成功者を輩出。

その圧倒的な実績によりクライアントからは「輸入の神様」と称されている。

また、輸入ビジネス界に対する多大なる貢献により、歴史と伝統ある日本最大にして最高の権威を有する貿易の学術団体「日本貿易学会」の正会員に推挙され、貿易会の発展にも寄与している。

著書に、専門書としては異例ともいえる販売即日Amazon総合ランキング、処女作発刊以来5回連続ですべて1位になった「初めてでもよくわかる 輸入ビジネスの始め方・儲け方」 、「貿易ビジネスの基本と常識」,「輸入ビジネス儲けの法則」,「図解 これ1冊でぜんぶわかる 貿易実務」,「ホントにカンタン! 誰でもできる! 個人ではじめる輸入ビジネス」がある。

これは、アマゾン史上前人未到の大快挙と称され、業界内にとどまらず各界から賞賛の拍手がやまない。

また、「はじめてでもよくわかる輸出ビジネスの始め方・儲け方」は紀伊國屋書店、Amazonにてビジネス書第一位を獲得。またまた各界からの注目を一身に集めたのは、記憶に新しい。

最新作「ホントにカンタン! 誰でもできる! 個人ではじめる輸入ビジネス  改訂版」は、2016年11月に発行され好評発売中。

なお、これらの本は、実務書としては、異例の累計79,400部を記録(2016年11月30日時点)!更に更新中。あの世界的商社、伊藤忠のグループ会社 伊藤忠ケミカルフロンティア様[資本金:11億 / 年商:1507億円(2014年度)]でも、毎年新入社員の貿易研修のバイブルとして採用されている。

現在は、株式会社インポートプレナーの最高顧問を務める。

 

他にも多数の講演実績やTV、新聞、雑誌などマスコミ掲載実績があります。

  • KFBに貿易セミナーを紹介される
  • FTVに海外ビジネス講座を紹介される
  • NHK福島に輸入のプロとしての活躍を取り上げられる
  • 雑誌にも記事を寄稿
  • 雑誌にも記事を寄稿
  • 新聞記事を寄稿
  • 貿易セミナーを紹介される

 

 

さて、自己紹介はこの辺にしておきますね。

私はあなたに、あなたが今すぐ輸入ビジネスを始めるべき7つの理由を お話しなければなりません。

7つの理由の一つ一つが、おそらく今までのあなたの常識を覆すことになるでしょう。でも、それらは疑いようのない事実なのです。
事実として、私のクライアントは、ゼロから輸入ビジネスをはじめ、圧倒的に儲けているのです。
あなたが本当にビジネスで儲けたいのなら、今すぐ輸入ビジネスをはじめるべきなのです。

【その1】シンプルなビジネスモデル

輸入ビジネスのビジネスモデルは、非常にシンプルです。
輸入ビジネスは、安く仕入れて高く売る、たったこれだけのことをするだけなんです。
安く仕入れて高く売るを突き詰めていくだけで、難しいこと一切なしに あなたの会社の年商を1億円増やすことが十分に可能であるビジネスなのです。

【その2】超高利益率

輸入ビジネスと聞くと、一般的に粗利が低いというイメージがあるようです。
でも、輸入のプロである私から言わせると、これは全くの誤解です。
輸入ビジネスは、粗利50%以上は当たり前です。
なぜなら、あなたがあなたの売りたい値段を勝手に商品に値付けすることが出来るからです。
あなたの言い値で、取引相手があなたの商品を喜んで買ってくれるのです。
あなたの今のビジネスは、あなたの言い値で取引相手があなたの商品を買ってくれるビジネスですか?
粗利50%であれば、1,000円のものを1個売ると、500円が利益です。
1,000円のものを1万個売ると、500万円が利益となります。
多くの人が誤解している内に、あなたは爆発的に儲けてみませんか?
ここだけの話ですが、私の知り合いには、20円で仕入れたものを1,980円で販売している人もいます。
とてつもない利益率ですね^^

【その3】 低リスク

輸入ビジネスと聞くと、商品を大量に仕入れなければならないというようなイメージがあると思います。
しかし、輸入ビジネスは、実は資金ゼロからでも始める方法があるのです。
売れることがわかり、儲かることが決まった後で、仕入れ代を支払う方法があるのです
なので、新規事業を始めるからといって、新しい資材や人材は不要です
現有戦力のみで、少しの経費ではじめることができる、これが輸入ビジネスの大きなメリットです。

【その4】あなたの知名度が全国区になる

輸入ビジネスで独占販売権というものを得ると、日本ではあなたしかその商品を売れなくなります。
すると、あなたの住んでいる地域だけでなく、全国からあなたの商品を欲しいという声が殺到し、あなたの知名度は一気に全国区になります。
もちろん、日本であなたしか売れない商品を持つわけですから、その際にあなたが得られる利益はとんでもない大きさになります。

【その5】世界を相手にビジネスが出来る

輸入ビジネスであれば、大手企業でなくても世界を相手に戦うことができます!
人生は一度きりです。どうせビジネスをやるのなら、世界を相手にビジネスを仕掛けてみませんか?
世界中に友達を作りながら、世界の文化に触れながら、世界でビジネスを学びながら、ともに成長していきませんか?
儲かるネタは、日本国内だけでなく、世界中に散らばっています。
自分の会社は小さいからと、はじめから世界展開を諦めるにはもったいないですよ。

【その6】輸入ビジネスは楽しい

輸入ビジネスはとにかく楽しいのです。
だって、好きな国にビジネスでいけて、好きな商品を取り扱うことができるからです。
海外旅行にタダで行けちゃうような感じです。
私のクライアントさんには、取引先の国で知り合った人と恋に落ちて、国際結婚された方もいらっしゃいます。
企業家にとって、ビジネスは楽しいもののはずです。
あなたは、あなたに与えられた時間の多くをビジネスに費やすはずです。
人生は時間で出来ています
だから、楽しいビジネスをして、素敵なビジネスライフを送ってください

【その7】需要は増える、ライバルは増えない

先にもチラッとお話しましたが、日本という国はありとあらゆるモノを輸入に依存しています。
食料自給率は40%ですし、あなたの身の回りにもたくさんの輸入品がありますよね?
事実、日本の輸入量は、年々着実に増え続けています。
しかし、93%の人が勝手に思い込んでいる見せかけの参入障壁のおかげで、輸入ビジネスをはじめる人は、ほとんどいないのです。
輸入ビジネスの需要は高まるのに、供給は増えないのです
あなたの商品を欲しがる人は増えるのに、あなたのライバルは増えないのです
これがチャンスでなく、何がチャンスだと言うのでしょうか?
誤解を恐れずに言いますが、新規事業、起業を問わず、新しいビジネスを模索している人が、輸入ビジネスをやらない意味がわかりません。

 

いかがでしょうか?

ほんの少しは、輸入ビジネスの持つとてつもない可能性を感じていただけましたでしょうか?
輸入は本当に大きな可能性を秘めています。

しかし、正しい手順を踏まないと、まず間違いなく上記7つの理由のメリットを享受することはできません。

大須賀マジック完全公開DVDキットの詳細・お申し込みはこちら

 

「なんで、こんなに大事なことを確認しないんだぁ」

私は、自分の無知を棚に上げて、大声で社員を怒鳴りつけていた!

惨めだった・・・。

今でこそ輸入ビジネスで優位性を実践してきた私ですが、過去には大変な失敗を本当にたくさんしてきました。
本来であれば、こんな失敗談をお話しするのは恥ずかしいことなのですが、ほんの少しでもあなたのお役に立つことを 願って、私の過去の失敗談を一部シェアします。

相当生々しい失敗や挫折、苦悩の数々をあなたにお話しすることになりますが、なぜそんなものをあなたにさらすのか。その大切な理由はれはこれからする話が終わった後にあなたにお話しますね。

少々長いですが、あなたに起こりうるリスクを予め排除できるので、必ずあなたのお役に立ちます。どうぞ一言一句漏らさず読んでください。

kanzen-title04

少々手前味噌であるが今、私の名刺をもらった人は、一様に驚きの声を上げる。

「出された本のすべてが、アマゾン総合1位のベストセラーですか!!」

「全国に500名もいないジェトロ認定の貿易アドバイザーで、しかもご自分でも実際に輸入を28年もされてきたんですか!」

「コンサルタントをされていてテレビ・ラジオ・新聞なんかにもたびたびとりあげられているんですか!」

「こんなにいっぱいの公的機関からプロデューサーやエキスパートと認定されているんですか!」

こんな感じである。

およそ、名刺のわりには、肩書きを読み終わるまでに10分くらいはかかるだろう。 そのくらいのすごい情報で溢れている。
また、そのようにわざと作っているのである。

それは、なぜか?

自分のことは自分で言わないと理解してもらえないからだ。私は、これらの肩書きはすべて、努力の結晶だと思っている。それだけのことをしてきた。
このはみ出しそうなくらいに書いてある肩書きはすべてこの28年間で私が手にしてきたものである。
自分で自分の名刺を見るたびに、自分が成し遂げてきたことが次々と思い出されて ひとり微笑んでしまうときがある。二枚重ねの表と裏にびっしりと書かれた経歴、略歴が自分への褒美だとさえ思っている。

22年前の私、この写真を撮った直後、屈辱的な悲劇が起こる・・・

22年前の私、この写真を撮った直後、屈辱的な悲劇が起こる・・・

しかし、そうしているときでさえ、15年前に起こった、ある出来事が今でも私の頭の片隅から決して離れることがない。

それまでの私のビジネスにおける人生で受けた、もっとも屈辱と思える出来事だ。

それは、当時から日本で最大とうたわれたギフトアイテムの祭典である「東京インターナショナルギフトショー」で起きた。
いや、私自らが起こしてしまったのである。

 

この少し前、私はスペインのさほど大きくない展示会で運命の出会いとも思える商品と めぐりあった。
少なくともこのときは本当にそう思った。

ガラス製のスタンドランプで、胴体の部分の薄いガラスの中にはドライフラワーやウッドチップがふんだんに飾られている。ナチュラルでいてゴージャス、しかも私はその類の商品を日本で見たことがなかった。
その時の私の興奮ぶりはすごいものであった。

すぐさま、ブースに分け入り、このランプがいかに素晴らしいか、日本から来たこと、 このランプの日本での販売を任せて欲しいことなどを、一気にまくし立てた。
実際は、日本へはすでに輸出していたのだが、私の剣幕に気おされたかのように、メーカーの女性は、幾分困った顔でサンプル出荷を約束してくれた。

日本へ戻った私は、興奮が冷め遣らず、このガラスランプをもってして、ギフト業界へも打って出ようと考えた。
初めての「東京インターナショナルギフトショー」への出展を決意したのである。

それからしばらくは、本当に楽しかった。
あのランプでいっぱいに飾った私のブースを思うだけで胸が躍った。

私の計算では、確かにタイトな期間ではあったが、遅くともギフトショーの1週間前には、 ピカピカのサンプルが届く予定だったからである。
私があれほど待ち望んだスペインからのサンプルが実際に日本についたのは、予想通りショーの2週間前だった。

 

しかし、ギフトショー期間中を通じて、サンプルが港についたままの姿で私の手元に 来ることはついぞなかったのである。

 

ギフトショーのちょうど2週間前になって、横浜の税関からの問い合わせの電話が鳴った。私が入れたスペインのガラス製スタンドランプについてである。
胴体部分の中に入っているドライフラワーの種類について申告してくれといってきた。中身の確認ができないうちは、通関できないとのことである。

あわてた私はすぐに電話とFAXでメーカーに確認した。

じりじりするような何日間かのタイムラグの後、ようやく1枚の紙がFAXされてきた。
メーカーからの中身の返答である。細かなタイプ文字で10行ぐらいにわたって、見慣れない英語の単語が書かれてあった。

私は、担当の社員に日本語に訳して税関に申告するように指示し、自分では幾分ほっとしながらも、ギフトショーでの楽しい販売戦略の会議に臨んだ。

 

また、何日かして、税関からの電話が鳴った。中身についての再度の質問である。

税関「この書類に書いてある、稲について、もう少しくわしく種類を教えてください。」

私「えっ、稲ってなんですか?」

税関「御社からの書類に書いてあるんですが、種類によっては輸入禁止の可能性があります。」

私「えぇー、輸入禁止!」

あわてて、メーカーからの中身のFAX用紙をみてみると、確かに『anear of rice』と書いてある。

担当社員に問いただすと、

「辞書で引いたら稲のことだったので稲って書きました。」

私は、恥ずかしいことに、このとき一部の稲が輸入禁止品目に指定されていることを、 知らなかった。
社員のことは責められない。そんなことはわかっていた。私自身が知らなかったのだから。

しかし、その時の私はつい

「なんで、こんな大事なことを確認しないんだぁ!」

社員を怒鳴ってしまっていた。
そのことにより、自分自身がよけい腹立たしくなさけなくなった。

私は、直接税関に掛け合うつもりで横浜に向かった。そんな行為がなにも変えられないことをうすうす承知の上で。
その後の私がとった行動はよけいに惨めなものだった。

スペインのメーカーに連絡を取り、日本で私より先に入れていると言う業者を教えてもらい、青山にあったその店へ私が手にできなかったそのランプを社員に買いに行かせた。
私のランプとどこがどう違うのか知りたかったからだ。
いや、それよりも、その日本で買い集めたランプをもってギフトショーに飾ろうと思ったのである。

わたしにとって、記念すべき最初のギフトショーは、 このように「針のむしろ」のような三日間だった。

惨めだった。

すべての人が、私を笑っているかのように感じた。

隣同士の同業者が、ふらりと舞い込んでしまった新規のお客さんが、そして私の処女航海を祝おうとわざわざ尋ねてくれた古くからの友人やお客さんまでもが・・・

 

後日、何年かたってから私の弟が、このときの私を見かけたという話をした。

「なんか、笑っているんだけど、それが怒っているようにも、泣いているようにも見えた。」

とても、声をかけれる雰囲気ではなかったそうである。

その通り、私は初日が終わった後、ホテルに戻り、一人恥ずかしさに泣いた。

私には長くつらいショーが終わったあと、社員と二人で再度横浜へ向かった。

結局輸入はできないので、廃棄してくださいとのことである。

私と社員は、無表情にランプを分解して中身のドライフラワーだけ捨てた。

このとき、私の中で何かが確実に変わった。

「このままでは、いけない。このままでは、いけない。このままでは、いけない。知らなかったことが悪いんじゃない。今まで、詳しく知ろうとしなかったことのつけがまわってきたのだ。
私は二度と無知がもとの、このような愚かな事はすまい。このような、愚かな事は社員にさせまい。」

このとき、私がランプの中身を捨てながら決心したことはこれだった。

「もっと、勉強しなければならない。」

 

メンターとの出会いと50日間のかばん持ちを経験して

かばん持ち時代の私、すべてが学びでした。

かばん持ち時代の私、すべてが学びでした。

この、ギフトショーでの屈辱が私に学びの重要性を痛感させた。

それまでの、おごりや中途半端な気持ちを根底から覆して見せたのである。

輸入で食っていくためには、私には、まだまだ学ばなければいけないことが山ほどあることに気がついたのである。

それまでは会社もある程度まわっていたし、社長と言う立場も、少なくとも自分の会社の中では、人から何か言われる立場にないことを意味していた。

知らず知らずのうちに、何かを学ぶと言うこと自体を忘れてしまっていたのである。

私は、今よりいっそう変わらなければならなかった。
その上で、自分の指針となるべき人を求めていた。

 

そんなある日、突然に私はメンターと出会った。

私が出会ったメンターは、前向きで、変化を恐れず、誰に対しても気後れのしない、どちらかと言うと無口なタフガイであった。

ある会合で、偶然出会ったMさんは、自分ひとりで海外に行き輸入をしていると言う。

そのビジネスのスタンスに共通点を見出した私は、Mさんに興味を持った。

その、若いのに堂々とした物腰は、海外での経験の多さを感じ、私はどんどん話し込んで言った。取扱商品も、私と同じインテリア関係だった。

私は、Mさんと話せば話すほど共感し、何よりもその知識の深さに打たれた。

私の師となるには、この人しかいない。直感のようなものが走った。

 

それからは、事あるたびに、Mさんについて回った。

そして、Mさんの商品はすべて買った。すべてである。

「その人から何かを学ぶには、その人のお客になることである。

そうすれば、相手は私のことをそうそう邪険にできない。」と言うことが、今までの経験上私には分かっていたからである。

 

そして、ある時、意を決して、わたしは切り出した、

「Mさんはよく海外に買い付けに行かれますが、今度行くときに

私も同行させてくれませんか?かばん持ちとして考えてくださって結構です。」

ちょっと、ビックリしていたMさんも、お客であるわたしの言うことはさすがに断りづらかったのか、最後にはOKしてくれた。

この時から、私の一人前の輸入のプロになるための50日間の旅が始まったのである。

のべ数回に分かれてはいたが、合計すると50日間はついてまわった計算になる。

その時の、Mさんからの条件としては、

  1.  Mさんのビジネス中は、口を出したり、質問したりしない
  2.  文字通りかばん持ちをする

この2つであった。旅費やその他はもちろん、自分の分は自分もちである。

 

もし、このときMさんよりビジネス中に口を挟んでもOKと言われていたとしても、おそらく私は無口なままだったに違いない。

私はこの50日間で、文字通りMさんからすべてを学んだ。と言うより盗んだ。

私にはこの50日間の経験から、輸入のプロ「インポートプレナー」としての新たな道が開けたのである。

 

 輸入ビジネスのプロとしての成功、友人の死、そして迎えた最大の危機

 この後人生最大の危機を迎えるとも知らずに・・・

この後人生最大の危機を迎えるとも知らずに・・・

プロの貿易商として成功を収めた頃の私

プロの貿易商として成功を収めた頃の私

それからの数年間は本当に早かった。今思い出してもあっという間である。一度インポートプレナーとしての感覚を身につけた私にとっては、毎日が楽しい学びの日々だった。

私の会社の扱い商品の特質上、そして私の前職がベッドメーカーだったこともありお客様筋として家具店さんが多かったのである。

その当時の家具業界においては、古くからの因習が強く残り、特にキャッシュフローの面においてそれは顕著であった。。

古くからの悪習と私は、あえて言いたい。手形決済のことである。

特に、外国との取引が増えるたびに、手元の現金の流れを把握することの重要性を、私は痛感した。

外国のメーカーは、本来受注生産方式をかたくなに守っている。
彼らにとって、受注イコールオーダーではない。受注イコール入金だ。

特にヨーロッパの場合など、量が多くなればなるほど私がお金を払ってから90日くらいしないと、商品が手元に来ないのは当たり前なのである。製造60日、船便で30日。

それなのに、当時の私のほとんどのお客様が月末締めの120日の手形決済であった。
商品が私の倉庫について、そのままその日にお客様へ出荷したとしても、私が最初に支払ってから最短でもなんと210日現金化しないのだ。

これが、当時の私のビジネスである。

 

誤解のないように申し上げておくが、私は何も当時のお客様が悪いとは、全然思っていない。
ただ、その業界で輸入業者として生きていくには、そのくらいの覚悟と何よりも、豊富な資金力がないとやっていけないということを申し上げたいだけなのだ。
そうでないと、売れば売るほど、震えて眠る日々を覚悟しなければならない。

そこに生きる人々が悪いわけでは決してない。
決済の慣習が現代にそぐわないのだ。

今の私は、本やセミナーの中で、特に次のことを強調している。

「お客様からは、くれぐれも前金で貰ってください。」

ということである。

これは、何よりも私が実体験の中で、ビジネス成功の最大要因と感じることだからである。
この頃の私が、ビジネス人生最大の危機ともいえることより身を持って学んだ教えである。

「自分はできる限り後払いで支払い、お客様よりはかならず前払いでいただく。」

この教えの代償は私にとっては、想像以上に大きかった。
なぜならば、それは一人の友人の死よりの尊い教えだったからである。

その頃の私は、一日一日身についてくるインポートプレナーとしての輸入のテクニックに有頂天になっていたのかもしれない。

私にとって何回目かのギフトショーが終わって、毎回増えてくる手ごたえに私は満足がいっていた。

何も商品がなかった屈辱の第1回目のショーの思い出など遠くへ行ってしまったかのようであった。

そんなある日、1本の電話がなった。社員が言うには社長を呼び出していると言う。

私は、何気なく電話に出た。

電話の相手
「あ、社長さんですか。私、××××商事のKと申します。先日ギフトショーで、社長のブースに立ち寄らせていただいたものです。」


「あ、ありがとうございます。それでは担当のものに替わらせていただきます。」

電話の相手「あ、いえいえ、ぜひ社長さんにお礼を言いたくてお電話させていただきました。」

本来であれば、私が電話に出ることはなかったのだが、お礼という言葉に私は話を聞かざるを得なくなった。

電話の相手
「いや、実は、私どもは条件のきついお客様に新規商品の発掘を常に言われているんですが、お客様と一緒に御社のブースに言ったときに、お客様が御社の商品を一目で気に入ったんです。」


「それは、ありがとうございます。」

電話の相手
「そこで、商談をしたかったのですが、その際は御社のブースも忙しくされていたし、私どもも時間がなかったものですからお話が出来ませんでした。」

忙しかったのは、事実である。ギフトショーでは毎回人手が足りないほど引き合いがあった。私は、この時不覚にも一人納得して、相手を信用してしまっていた。


「そうですか。それは失礼をしました。お連れ頂いたお客様は私どものどの商品をお気に召していただいたのでしょうか?」

電話の相手
「そのことなんですが、ごめんなさい、いっぱいブースが在ったもので・・・御社の取扱商品は何でしたでしょうか?」

この段階で、普通はおかしいと思わなければいけなかった。でも、この時の私はおかしいと思わなかった。
取扱商品の説明を一頻りした後、一息ついた私に先方の担当者は、お客様に確認するのでサンプルが欲しいと言ってきた。
サンプル送付の翌日、幾分興奮気味の先方担当者より、再び電話をもらった。

電話の相手
「社長さん、喜んでください。決まりましたよ。2週間後にオープンする新店に入れ込みたいとのことです。早速、商品を送ってください。」


「わかりました。すぐに手配します。」

電話の相手
「いやぁ、やっぱり社長さんだと決断が早くて助かります。なにしろお客様は気まぐれでスピード対応が命なものですから。」


「ありがとうございます。これからもどんどん紹介してくださいね。」

この時、私は正直自尊心をくすぐられて、悪い気はしなかった。
というより、今思うと恥ずかしい話だが、相手のお世辞に乗せられていたのである。

私は、他愛もない「パクリ」といわれる詐欺にまんまと引っかかっていた。
この段階で500万円の貸倒引当金が発生していた。

この後営業会議においても、普段は営業員の売掛回収率にチェックを入れていた。
私のこの失態には、誰も触れようとしないのがよけいに落ち込む結果になった。

「人のことより、お前はどうなんだよ?」
沈黙の中にも皆がそういっているように感じた。何も言わない社員の態度がよけい私を苦しめた。

そんな時に1年ほど前インテリア関係の小売店をオープンしていた、友人のRが、久しぶりに一献傾けようと言ってきた。
今思うと、私に大事な相談をしたかったのだろう。
でも、自分の失敗で頭がいっぱいだったそのときの私には、友人Rのそんな気持ちに気づく余裕はもちろん無かった。

待ち合わせのスナックで会うなり、Rは私の落ち込んだ様子に気づき、何かあったのかと静かに聞いてきた。
私は、仕事での失敗をしたこと、人間関係のこと、会社のこと、その他色々取り留めのない話をし、Rはそんな私の話をうんうん、聞いてくれていた。

今思うと、その時のRの態度も相当おかしい様子であった。なによりも顔色が悪かった。

友人のRとは同じインテリア・家具関係で私が輸入元、Rが小売店ということもあり、当然私の商品はRの店に相当入っていた。
専属の担当者をつけていたくらいである。

担当者の話により、私は人のいいRが一般の顧客相手にも商品代金を後で回収する売掛のようなことをしているとは、聞いていた。なかなか、回収できなくて、

「家具屋なんだか、借金の回収屋なんだかわからないよ。」

みたいなことを言っていたこともあったということを後で聞いた。

そのRが自殺したということを聞いたのは、スナックで取り留めの無いことを話してからしばらくしてからだった。

その訃報を聞いたとき私は、ショックにしばらく声がでなかった。
最初にRの顔が浮かび、そして奥さんと子供さんの顔が次々に浮かんできた。
涙が出たのは、何時間かしてからだった。

はっきりした理由は今でもわからないが、Rが亡くなった後、どこかにいなくなってしまった残されたご家族や、すぐに店を占拠したただならぬ連中の存在が、私に原因を伝えていた。

本当のことは誰もわからない。
でももし、Rがすべての商品を販売するときに普通に現金で回収していたのなら、 こうはならなかったのかもしれない、という思いは今も私の頭に強く残っている。

結局は、私のRの店にたいする売掛金950万はそのままになり、また損失を出してしまった。

Rの死に対するショックは、それからしばらく私からすべての気力を奪ってしまった。
私はなにかすべてがいやになってしまったのである。

会社に行っても、何もする気がおこらない。
でも、何もしないことの結果に対しての恐怖は存在していた。

私もいつかRのような決断をしなければならない日が来るのではないか?
という思いは、心底私を縛り付けた。

恐かった。正直恐かった。でも、何かをする気には成れなかった。
あれほどまでに、燃えていた輸入のプロ「インポートプレナー」への道もなにか遠く霞みながら、揺らいで見える蜃気楼のようだった。

今思うと、この時期私は人生最大の危機に直面していた。
それは、脱力感、無気力、恐怖、怠惰、厭世観、シニック、被害者意識これらが、綯交ぜになってこの時の私を捉えて放さなかった。
この時の私は友人Rと同じく「死んでいた」のである。

そんなある日、気乗りしない営業会議の席である営業員が珍しく力強く営業報告を行っていた。

「社長、しばらくぶりに百貨店のDに売り場を任せてもらえそうです。60坪展開をねじ込みました。うちの商品でいけます。」

営業が決してうまいとはいえない社員の成果の報告を聞いているうちに、私はその営業員と亡くなったRとを重ねていた。
苦しんでいたRの力になれなかった自分を恥じていたからである。

「おぉ、それはすごいな。」

私は、気乗りしない自分に叱咤激励しながら、Rのイメージと重なる営業員を称えた。

「はい、前からの営業努力が実りました。つきましては・・・・・・」

私には、後の報告は聞こえなかったが、その時はその営業員を全面的に信じることに決めていた。
あまつさえ、坪100万原価の商品導入を決めていたその営業員に、倍の200万の商品を入れるように指示したのである。

誤解の無いように言っておくが私に、故人の名誉を傷つける気は毛頭ない。
亡くなったRとその営業員の印象が似ていたからといって、どうということはない。
ただ、私の気持ちの中で、Rへの思いがその営業員の少しばかり怪しい報告を後押しする結果になったことは事実である。

商品納品後2週間して、まるで計画的だったかのように百貨店Dは倒産した。
私たちが納品した1200万円の商品は、回収不能となっていた。

後日、担当営業員より、実は自身の営業努力ではなく、先方よりの依頼の電話による納品だったことが判明した。それでも、時はすでに遅かった。

三度にわたり、重なった仕事における失敗で、私はこの時失意のどん底にあった。
もう、すべてを終わりにして、どこかへ行ってしまいたかった。
この時、私の心は二度までも死んだのだ。

次の日の朝、私は長い間に培った習慣ともいえる感覚だけで、何とか会社についていた。
自分で行こうとは決して思っていなかったのは事実である。

夢遊病者のように入っていった私に、いつものように社員は笑顔で、
「おはようございます。」と挨拶をしてくれる。
「おはようございます。」
「おはようございます。」

「あぁ、おはよう。」
なんとか返事をした私は、いつもの自分のデスクに何とかたどり着いた。

私のデスクの後ろには書庫にしているキャビネットがあって、その上には、この数年間に私が頂いた、賞状やトロフィー、たてなどが所狭しと並んでいる。

「それが、何なのだ?今となっては関係ない。私はすぐにでも、すべてを捨ててどこかへ行くのだ。」

そんなことを思っていた私の目に一番はしに乗っていたあるものが飛び込んできた。

それは何か?

忘れもしない、最大の屈辱!中身の入っていない、ガラスのランプであった。

 

私のデスクの後ろに今でも飾ってある中身の入っていないガラスのランプ、私の原点でもある・・・

私のデスクの後ろに今でも飾ってある中身の入っていないガラスのランプ、私の原点でもある・・・

半ばボーっとしていた私の頭に、衆目の中で感じた、私の最大の屈辱、 私にとってのデビューとなった、「東京インターナショナルギフトショー」での出来事がまざまざと思い出されてきた。

瞬間私は、当時よろしく恥ずかしさで顔が赤くなった。

次にこみ上げてきたのは、「怒り」である。

私はぜったいこのままでは終わらない。
今私を笑っている人たちよ、いつかきっと思い知るが良い。

私はぜったいこのままでは終わらない。

私は、長くこの屈辱の時の思いを忘れないように、中身のない、からのランプをわざと私のすぐ後ろに飾っていたことを目にし、あの時の、悔しい思いを思い出したのだ。

「私は、絶対このままでは終わらない。」

私の中に、忘れていた熱い思いがこの瞬間に戻ってきた事を実感したのだった。

私は、もう引かない。私は、もう後ろを見ない。私は、もう前進あるのみ。
私は、もう惑わされない。私は、もう信ずるのみ。私は、もう結果をだすのみ・・・

私は、瞬間にして・・・、本当に瞬間にしてどん底よりの生還を果たしたのである。

蝶になる前のさなぎは、決して美しいものではない。むしろ逆である。
生みの苦しみが大きいほど生まれてくるものは、尊く、清く、美しい。
この時より、私の中で何かのスイッチが確実に入った。

以来、5000件を越す商談と貿易に関するアドバイザー実績を重ね、東京インターナショナル・ギフト・ショー ネーチャーコレクション 準大賞を受賞。
平成16年には全国で500名といない難関資格である日本貿易振興機構、略してジェトロの認定貿易アドバイザー試験に合格。

 

大須賀が発掘した商品が1999年日本最大の生活消費材「東京インターナショナル・ギフト・ショー展示商品数万点の中からネーチャーコレクション部門で堂々の準優勝受賞

その後、数々の企業の貿易に関するコンサルタントで実績を積み、多くの億万長者を生み出す。
平成18年には日本実業出版社より 「初めてでもよくわかる輸入ビジネスの始め方・儲け方」出版。
発売前日にすでに世界最大のネット書店「アマゾン」にてあらゆる和書(日本において出版された書籍)売上NO.1を記録する。

その後平成21年「貿易ビジネスの基本と常識」,同じく平成21年9月「輸入ビジネス儲けの法則」,平成22年9月「図解 これ1冊でぜんぶわかる 貿易実務」と出す本がすべてが、アマゾン総合1位を獲得。これは、アマゾン史上初のありあない大快挙と、業界の注目を一身に集めている。

現在、すべての貿易ビジネスに携わる人の指針となるべく会員制コンサルティングクラブ「インポートプレナーズクラブ」を運営。
知識、経験など輸入ビジネスで儲けるために必要なことをすべて網羅し、会員にとって今必要なことを的確にアドバイスするサービスは評判となり、大須賀祐とともに海外の展示会をまわり、実践の場でノウハウを学べる実践講座は、参加費が54万円と高額ながら、募集開始から2時間で満員御礼になるほどの 人気を博している。

また、法人向けコンサルティングサービスの顧客からは、ゼロから輸入ビジネスをはじめて年商6.5億円を達成した方や、品切れ続出の超人気女性下着の独占販売権を得て個人にもかかわらず上場企業相手にビジネスを展開する女性個人事業主、台湾の靴メーカーの独占販売権を獲得。

全国の百貨店に輸入卸をしている女性社長、業界では有名な輸入卸が集まるビルにショールームを持ち、ゆうゆうと輸入ビジネスを展開するもとサラリーマン上がりの社長などなど続々と成功者を輩出している。

 

正直に言うと、この話をしたら、あなたは少し恐怖を感じて、輸入ビジネスを敬遠するようになってしまうかもしれないと思いました。

しかし、それでもこのお話をした理由は2つあります。

一つ目は、輸入ビジネスはやり方さえ間違わなければ、本当にリスク低く、圧倒的に儲けることができるということ

そして二つ目は、私がこれだけ痛い目にあって、死のうかと考えたほどの日々も経験したからこそ、どうすればあなたがすべての地雷を踏まずに、安全・確実に輸入ビジネスで成功できるのかを他の誰よりも自信と説得力をもって語り、あなたを最小リスクの最短距離で儲かるインポートプレナーregisteredに変えることが出来る ということをあなたにお伝えしたかったからです。

 

kanzen-title05

もし、あなたが本気で輸入ビジネスに取り組むのであれば、私はあなたの会社の年商を1億円増やす自信があります。

もちろん一朝一夕にはいかないかもしれません。

でも、事実、私のクライアントの中には、輸入の輸の字も知らない状態で、ゼロから輸入ビジネスをはじめて、今では年商6.5億円の会社の社長になった人もいますので、最後には必ず年商1億円アップの世界へあなたを導くことが出来ます。

しかし、私の体は一つですので、私が同時に引き受けられる法人向けコンサルティングは、せいぜい5,6件です。

またその分、私のコンサルティング費用は、はっきり言って相当高いです。(もちろん年商が1億円増えるとするのなら、お安いですが^^)

そこで今回、輸入ビジネスの魅力をあなたに余すところなくお伝えし、あなたが、低リスクで高利益率の輸入ビジネスを起こせるように、輸入ビジネスで圧倒的に儲けるための私のすべてのノウハウをお伝えするセミナーを開くことにし、その内容を完全収録しました。

最初に言っておきますが、本当にすべてを出しています。
過去、輸入ビジネスを通じて、何人もの億万長者を生み出してきた私の「大須賀マジック」をすべてお伝えするのです。

そして、勘違いしないで欲しいのは、このセミナーは世間によくあるような輸入の実務的なことを話した 輸入ビジネスのはじめ方のセミナーではありません。

このセミナーは、余計なリスクをかけず、あなたの会社の現有戦力だけで輸入ビジネスをはじめ、圧倒的な利益を生み出し、輸入ビジネスで儲けるためのセミナーです。

なので、儲けたくない人は見ないで下さい。

もし、あなたが今のあなたの会社の売上や利益を今より爆発的に増やしたいと思っているのなら、輸入ビジネスをやらない意味がわかりません。

 

大須賀マジック完全公開DVDキット

※テキストはPFDファイルになります。
※DVDの内容についてはこちら

通常価格140,953円(税抜)ですが、いまなら、特別価格99,700円(税抜)にさせていただきます。
さらに、通常お客様にご負担いただいております送料も当社が負担させていただきます
この特別のチャンスを手にできるのは、先着99名のみです。

今すぐにお申込み下さい。

お申し込みは、ページ下方にある【DVDのお申し込みはこちら】のボタンよりお申込みフォームへお進みいただき、フォームに従って必要項目をご入力いただきお申し込みください。
なお、 入力漏れ等がある場合、お届けが遅れたり、お届けできない場合がありますので、お間違いのないようご入力ください。

※メールアドレスは必ずご記入ください。お申し込みの確認メールをお送りします。
※誠に勝手ながら、海外からのお申し込みはお受付いたしておりません。
※お支払い方法は、以下の中からお選びいただけます。

【銀行振込み  / ペイパル(PayPal) / クレジットカード(VISA/Masterカードのみ分割払い可能)】
お支払方法

 

大須賀マジック完全公開DVDキットお申し込みはこちら

 

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
大須賀祐の無料メルマガ-輸入ビジネスで圧倒的に利益を出す方法


LINE@ インポートプレナー公式アカウント

大須賀祐のラジオ番組「輸入ビジネス紀行~世界の翼から~」
無料リアルタイムコンサルティング
大須賀祐への直接相談-コンサルティングをご検討の方は、まずこちらから無料で事前相談が行えます。もちろん大須賀祐がすべて目を通し直接メールで回答いたします
取材のお申し込みはこちら

大須賀祐の書籍紹介

2016年11月18日 全国一斉販売

個人でできる輸入ビジネス 改訂版 初版2016年11月18日 6000部

紀伊國屋書店ビジネス書第1位

初めてでもよくわかる輸出ビジネスの始め方・儲け方 初版2014年3月10日 3刷り 7500部

処女作以来、前人未到の
5連続アマゾン総合1位

個人ではじめる輸入ビジネス初版2012年6月30日 2刷り 7900部

これ一冊でぜんぶわかる!貿易実務 初版2010年9月29日 13刷り 27000部

輸入ビジネス儲けの法則初版 2009年9月15日 6000部

貿易ビジネスの基本と常識初版2009年3月6日 4刷り 10000部

初めてでもよくわかる輸入ビジネスの始め方・儲け方初版2006年10月1日 6刷り 15000部

※部数は2016年11月30日時点の数値

関連サイト

  • 動画でわかる輸入ビジネス-経営者・エグゼクティブのための戦略的輸入ビジネスバイブル
  • 経営者のための戦略的輸入ビジネス-大須賀祐オフィシャルブログ:アメブロ
  • 輸入ビジネスencyclopedia-大須賀祐の輸入ビジネス百科事典:ameba ownd
  • facebook
  • 大須賀祐のtwitter
  • 大須賀祐のGoogle+
  • 大須賀祐のラジオ番組「輸入ビジネス紀行」
  • 大須賀祐のYouTubeチャンネル