輸送はどうしたらいいのか?

前回の話で貿易条件というのがあるのはなんとなくわかったけれど、いったい、誰にどうやって頼めば、自分の商品を運んでくれるのかわからない、とお思いかもしれませんね。

前回お話ししましたように、国際運送人であるフォワーダー(海貨業者)にお願いすればいいんです。

メーカー側と貿易条件を取り決め、インボイス(請求書)があなたの元に届きます。そこで次にあなたがすべきは、この請求書をフォワーダーに渡し、「この商品を持って来てください」とお願いするだけです。

フォワーダーとは、荷主から貨物を預かり、他の業者の運送手段(船舶、航空、鉄道、貨物自動車など)を利用して運送を引き受ける専門の事業者です。一般的には貨物利用運送事業者のうち国際輸送を取り扱う専門業者を指します。

インターネットで「フォワーダー」と検索してみると、フォワーダー業務を営む会社はずらりと出てくるし、小規模の輸入ビジネスにも対応してくれます。あなたは、日本のフォワーダーに、面倒な海外からの輸送、保険のすべてを一括して任せることができるのです。

費用のすべては一旦、フォワーダーが立替払いしてくれ、後から一括して代金を払うという形が多いです。保険会社や運送会社に連絡を取って、交渉し、それぞれに支払うなんて面倒なことを、あなたがする必要はありません。

 

通関はどうしたらいいのか?

あなたの商品がいよいよ日本の港に到着したとします。しかし、海外から輸入した商品は、すぐには国内に持ち込むことができないのです。

外国から貨物を輸入する時は、必ず税関に輸入申告をして輸入の許可を受けなければなりません。同時に関税、消費税を納めなければ国内で販売することはできません。この手続きを通関といいます。一部の例外を除いては、必ず経なければならないステップです。

輸入ビジネスをするにあたり、この通関が大きな障害に感じてしまうものの一つなのではないでしょうか。

しかし、これもフォワーダー、あるいは通関業者に「インボイス」「パッキングリスト」「運送書類」「保険証券」「原産地証明書」等の必要な書類を渡して依頼すれば、輸入通関に関するすべての作業もあなたの代わりにやってくれるのです。

通関とは、つきつめると税金の申告・納税の事です。
貿易に関する税金は、賦課税ではなく、申告税です。つまり、これだけの商品を輸入したからこれだけの税金を払うということを自ら申告しなくてはならないのです。ところが、これは手続きが複雑で、専門的な知識も必要になり、あなたには非常に困難なことなのです。

通関は、車検と同じようにがんばれば自分でもできますが、かかる時間や困難度を考えると通関業者に任せるのが現実的です。勉強のために通関をやってみたいというのなら別ですが、あなたのエネルギーは別なところに注がれるべきではないでしょうか

 

あなたが本当にやるべきことは何か?

基本的に、関税等を納税する通関業者と荷物を運ぶフォワーダーは別会社です。

しかし、今は、通関まですべてフォワーダーがやってくれるケースが多いです。さらに今は、通関後の国内発送まですべてやってくれる業者もあります。保険についても相談に乗ってくれます。要は、海外からこちらに商品がやってくるまでのプロセスをあなたは丸投げできるのです。

輸入ビジネスは物販です。大事なのは「売れるモノを見つけること」と「実際に売ること」です。あなたはその2つだけにエネルギーを注ぐべきなのです。その間にある面倒なことは、すべてプロに任せればいいのです。