Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加

輸入ビジネスをしていると、商品だけが日本の港に先に到着し、
通関に要する書類がなかなか届かないというケースが出てきます。

 

例えば、あなたの貨物がアジアからの輸入品だったとしますね。

いまは船もよくなっていますから、貨物も直ぐに到着します。

しかし、通関の手続きに要するB/L等の書類が、
メーカーからまだ届かないということがよくおきます。

すると貨物は港に着いたものの、B/Lがないので商品を
引き取ることができないという事が起きるのです。

B/Lの原本が手元になくては、あなたは商品を引き取ることができません。

 

B/Lは商品引換券のようなものですから、あなたの手元に原本がなければ、
輸送されてきた商品を引き取ることができないのです。

港に貨物を無料で置いておけるフリータイムの日数も決まっているので、
その期間が過ぎると、港の倉庫に超過料金を支払わなくてはなりません。

さらに、納期が遅れてしますと、品物を引き取って期日までに納品しなければ、
お客様への信頼も失ってしまいかねません。

 

輸入品を早期に引き取る秘密の方法とは?

そんなときに、こんな最悪の事態を防ぐ方法があります。

それが「サレンダー」という手法です。

サレンダー」とは、簡単に言うと、B/Lなしで貨物を引き取ることができる方法のことです。

 

えーっ!本当にそんなことができるの?
と、あなたは疑問に思うかもしれませんね。

 

原則は、B/Lの原本が必要となります。

しかし現実的には、B/Lが届かないケースの方が多いのです。

ですからこれは、正式な方法ではないのですが、現場では日常的に行われているんですね。

これは、俗に言う「B/Lの元地回収」というものです。

 

もともと、B/Lは船会社がメーカーに発行する書類です。

メーカーが貨物の船積みをすると、船会社が貨物を引き受けた証明書として
メーカーにB/Lの原本を手渡します。

その原本がメーカーからあなたに送られてきて、
あなたは日本で商品引換券のB/Lで貨物を受け取ることができる
という仕組みになっています。

船会社が発行したB/Lは、最終的に船会社に戻るわけです。

しかし、サレンダーは、B/Lの原本を船会社が輸出者に渡しません。

原本を渡さずに、コピーだけ渡します。
そのコピーには「サレンダー」という判が押されています。

つまり最初から輸出地でB/Lの原本を回収してしまうのです。

 

サレンダーは、船積み時点で全額を送金してしまえば、
どのメーカーでもだいたい対応してくれます。

メーカーに「サレンダーで行きましょう」とお願いすればいいだけです。

正式なやり方ではないが、アジア等の近隣の国から輸入する場合は、
サレンダーで輸入できることを覚えておくといいでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

※お客様の携帯電話が迷惑メール対策設定や、ドメイン指定受信設定をされておりますと、お申込完了のメールを受け取れない場合がございますのでご注意ください。【info@importpreneurs.com】からのメールを受け取れる様にお願いいたします。