輸入ビジネスの大須賀祐よりありったけの愛と感謝を こめてOctober・・!
こんにちは! ごきげんいかがですか?

 

10月は、四季の中でも最も過ごしやすくていいですね・・

 

今日からは、私が28年間にわたって 試行錯誤し実践してきた、 「物販」について、あなたにシェアしていきますね。
覚悟は、良いですか?

 

0921-10

それでは、あなたは、輸入商品を「物販」するにあたって 何よりもまず決めなければいけないことは なんだと思いますか?

 

「商品」    もちろんですね。
「値段」    そうですね。
「営業方法」  OKです。

 

全部正解です。

でも、これら3つのどれよりも優先して決めておかなければいけないことが あるのです。
それは、あなたの「立ち位置」です。

 

あなたは、まずどういうスタンスで商売をしたいかを決める必要があるのです。

 

具体的に言います。
それは「誰に、どう売るか?」です。

 

これ大事です。

つまり、自分が誰に対して、どのような形で売りたいかを決める必要があるのです。

 

なぜかというと、それによってチョイスする商品や価格や販売方法が変わってくるからです。

 

例えば、あなたの商品を問屋さんに対して売る場合は、いわゆる商品の定価は、現地価格(原価)の最低でも5倍にしなければなりません。

 

そうしないと問屋さんの利益が出ません。
なぜならば、問屋さんは小売店さんに売るからです。

 

その代わり、いっぱい仕入れてくれますから、あなたは1回売れば良いわけです。
後は、問屋さんがあなたに代わってあなたの商品を大量に売ってくれることになりますね。

 

それが、一般の消費者に直接売る場合は、販売価格いわゆる定価は現地価格(原価)の最低でも2倍で良いわけです。

私の、基本スタンスは、そうであっても5倍の価格をつけるべきと考えていますが・・

まあ、百歩譲ってこれでも倍は儲けてますからね。

 

でも、その場合販売数は1個2個とまとまらないため、あなたは自分で何回も売っていくことになりますよね。

 

どちらが向いているか、決めるのはあなたです。

 

これを無視して順番が違うと、あなたは販売というラビリンスに迷い込んでしまうことになります。
とにかく、最初は自分の「立ち位置」を決める。

 

「誰に対して、どのように売るのか?」
法人に対してなのか、一般エンドユーザーに対してなのか?
営業をするのか、WEBで売るのか?

などなど。

 

さて、次回からはよりディープに、具体的に戦略を お話ししていきますね。

楽しみにお待ちください。

 

 

1年に2度しか開催しない幻の販路開拓講座はこちら