輸入ビジネスの大須賀祐より
ありったけの愛と感謝をこめてJune・・・!

いかがお過ごしですか?

 

先週は、ずっと南の島の秘密の隠れ家で読書三昧でした・・・

環境を変えて、大量の情報を吸収する・・・

 

これが、私の行動の原点になっています。

情報の集積は、行動を前提にしたものでなければならないですからね・・

 

知らないでは済まされない、輸入できないものとは?!

 

知らないでは済まされない、輸入できないものとは?!

さて、本題にはいりましょう。

 

あなたの、輸入したいものはそもそも輸入できるものですか?

 

今日は、輸入品の規制と輸入が禁止されているものについてお話しましょうね。

 

財務省発表よると、平成27年の輸入差止件数は29,274件で、
過去最多であった前年(平成26年)に次いで、引き続き高水準でした。

驚きですね。

 

そしてなんとそのうち全体の91.1%(26,670件)が中国からの輸入なのです。

 

偽ブランドなどの模倣品です。

いわゆる知的財産の侵害商品ですね。

 

私が、問題にしたいのはこれを輸入しようとしている人が、
わかって輸入しようとしているのかそれともだまされて
わからないで輸入しようとしたのかということなのです。

 

わからないで輸入した場合は、差し止めだけで済む場合もありますが、
確信犯の場合は、完全に犯罪です。

 

ブランド関係の輸入は、気をつけてくださいね。

 

知らず知らずのうちに法を犯して逮捕なんてことにもなりかねません。

 

事前の調査が重要です。

 

 

 

もうひとつよくあるのが、薬事法がらみです。

 

例えば、健康食品、健康器具の輸入です。

これらの商品も、要注意の商品です。

 

効能を謳って販売をするのであれば、必ず薬事の免許が必要ですからね。

 

 

先日こんな素敵なメールを頂きました。

 

~~~ここから~~~~~~~~~~~~~~

大須賀先生

こんにちは。

一昨日のセミナーに参加させていただきましたIです。

当日は大変お世話になりまして、どうもありがとうございました。

先生のお話を直に聞くことができて本当によかったです。

著書もとても内容が濃くて充実していましたが、実際に直接お話を聞くと、
その躍動感とエネルギーに引き込まれました。

やはり成功する人は放つエネルギーが高いので、
私もそうでなければ、と思いました。

 

私は化粧品輸入という全く未知の業界で起業したので、分からないことが多すぎて、
まるで真っ暗闇を手探りで進んでいるような気持ちでした。

でも、セミナーに参加して少し光が見えてきた気がします。

今もまだ手探りで進んでいるので、とても怖いですけれども、
勇気を振り絞って頑張ります!

 

それから、セミナー後の飲み会で私と同じ分野で起業した
Sさんと連絡先を交換できたこともよかったです。
私と同じ化粧品輸入という高いハードルを目指すSさんに会えたので、
私ももっと頑張ろうと思いました。

 

今後ともよろしくお願いします。

 

~~~~ここまで~~~~~~~~~~~~

(名前はイニシャルに変更しましたが、原文そのままです。)

 

Iさんのように自分できっちりと事前調査をして、
わからなければ、しかるべき人に尋ねる。

 

簡単なようで意外にできないことですね。

 

輸入ビジネスは、あなたが思っているほど難しくはありません。

正しい人から正しい手順を学び実行するのであれば・・・
6月17日に私に愛(会い)に来ませんか?

http://importpreneurs.com/seminar/

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。