交渉事において、強いまなざしは、強烈な武器になります。

と同時に強烈なまなざしは、相手の信頼をもかち得ることができるのです。

 

しかし残念ながら、我々日本人は、強いまなざしどころか
相手の目を見て話すことすら苦手にしている人が多いですよね。

 

今日は、強いまなざしを持つには?についてお話しましょう

 

相手の信頼をもかち得る強いまなざしを持つには?

よく日本人は、とてもシャイだと言われています。

 

特に欧米系の人間に対して必要以上にへりくだったり、
コンプレックスを感じることが多いのです。

そのため外国人とりわけ白人と相対する場合何も言えずに、
彼らからただヘラヘラと笑っているだけなどと揶揄されてしまうのです。

 

欧米系の人間は、もともと相手の目を見ながら話すことは、
礼儀だという考えがあります。

一方我々日本人の中にはあまり相手の目を見つめるのは、
失礼だという考え方がありますよね。

 

まったく正反対の考え方ですね。

結局我々は、相手の強烈なまなざしに圧倒されて相手から
目線を外してしまいがちです。

 

動物間では、互いに眼と眼があった時に目線を外した方が、
やられるという法則があるのです。

 

人間とて、動物の一種である以上この法則は、例外ではありません。

目線をはずした瞬間相手より劣位に置かれてしまうのです。

その相手に頭があがらなくなってしまうのです。

そんな覚えはありませんか?

そっと胸に手をあてて考えてみてください。

 

あなたが、なんとなく頭が上がらない人、
その人の前に出ると上がってしまう相手などいませんでしたか?

 

そうなのです。

あなたは残念ながらその人との初対面時に劣位に置かれてしまっていたのです。

あわてて目線をはずすことによって・・・。

私自身もこれは、何度も経験しています。

 

初対面の時は、重要です。

その後の人間関係を決定づけてしまいますから・・・。

 

強いまなざしで相手から目線をはずさずに渡り合う方法

でも相手と眼をあわせるのが、苦手なあなた。

安心してください。

 

私が、強いまなざしで相手から目線をはずさずに渡り合う方法を伝授しましょう。

 

どうするのか?

それは、こうするのです。

 

交渉相手と眼があった。

そのとき相手の眼の奥をじっとみながら頭で数を数え始めるのです。

 

1.2.3…..って。

 

あなたの意識は、数を数える方に集中しています。

ですから、相手の目線がまぶしくないのです。

そして、恥ずかしさがまったくなくなるのに気付くはずです。

 

だいたい5あたりまで数えると、相手がそわそわしだしてついには、

フッと目線をはずしてしまいます。

きもち悪いですもんね(笑)

 

その後の交渉は、あなたに有利な展開ですすめられることでしょう。

 

この場合、ひとつ注意しなければならないことがあります。

それは、相手を見つめる場合、怖い顔で見つめてはいけないということです。

優しく、微笑みを浮かべながらにしてください。

 

ぜひお試しくださいね!

 

いかがでしたか?

参考になりましたでしょうか?