Share on LinkedIn
このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、海外旅行が好きでしょうか。

好きという方には朗報があります。

好きな国に行って好きな商品を取り扱うビジネスが存在するからです。

夢があり果てしないロマンがあるとは思いませんか。

海外旅行にタダで行けてしまうような感覚に陥ります。

 

輸入ビジネスの大須賀 祐より
ありったけの愛と感謝を込めてJuly・・・!

いかがお過ごしですか・・・

 

知人のOLは、自分も欲しいブランドバッグを余計に買うことで自分の旅費やお小遣いまで稼いでいます。

取引先の国で知り合った人と恋に落ちて、幸せな国際結婚をされた方もいます。

私の知人で海外ビジネスをしている人は男女を問わず笑顔が素敵です。

人生を最高に楽しんでいます。

 

すべての企業家・起業家にとって、本来ビジネスは楽しいもののはずです。

また、そうあるべきだと考えています

 

どんな職業であれ人生における多くの時問をビジネスに費やすことになります。

その多くの時間を苦痛で埋めるのは悲しいことではないでしょうか。

ビジネスが苦痛であれば、生産性など上がるべくもありません。

 

 

以前、総合格闘家の桜庭和志氏はインタビューで、
「練習は、つらいですか?」という質問に次のように答えている。

 

「練習はつらくないです。好きですから。楽しいです」

 

練習は楽しいのである。

やらされ感があり嫌々やっているのではない。

だから強く独創的なのだ。

 

私はビジネスは楽しまなくてはいけないと考えています。

そして、楽しいからこそ、時間を忘れてまで打ち込むことができるのです。

であるならば、楽しくて夢中になれることに費やした方が良い結果を導き出すことは明白です。

 

孔子日く

『好きなことを仕事にすれば、一生慟かなくてすむ』

なんと素晴らしいことでしょう。

 

 

あなたは海外を自由自在に飛び回り、好きなことを仕事にして
一生働かなくていい人生を送ることができるかもしれません。

 

あなたは、自分の好きなことを仕事にしているでしょうか・・・

もし、あなたの好きなことが仕事ならば何も苦にはならないでしょう。

努力をしているという感覚さえ無くなりますよね。

人生という決められた時間を有意義に過ごすことは大切ですよね。

 

 

私の好きな海外ビジネスの世界は、需要は、
もっともっと増えるのにがライバルは増えないのです。

 

 

なぜか?

 

日本という国はありとあらゆるモノを輸入に依存しています。

あなたの身の回りのもので、輸入品ではないものを探す方が難しいのが現実です。

日本の輸入量は、年々増え続けています。

 

ところが、多くの人が勝手に思い込んでいる見せかけの参入障壁のおかげで、
輸入ビジネスを始める人は、意外に少ないのです。

 

多くの人が勝手に思い込んでいる見せかけの参入障壁

見せかけの参入障壁ってなに?

あなたはこう思ったでしょう・・

 

 

それは、大きく3つあります。

 

1つ目 『英語もしくは外国語がペラペラじゃないと難しいのでは?』

2つ目 『資金を相当持っていないと始められないのでは?』

3つ目 『難しい手続きや書類をいっぱい処理しないとできないのでは?』

 

思い込みの参入障壁はこの3つに集約されるのです。

 

言葉は、

Hi(こんにちは)

How much(いくらですか?)

E-mail you latter(あとでメールします)

の3つで通用します。

 

 

資金は「シッパーズーユーザンス」という方法を使えば、後払いが可能です。

 

また事務処理などはその道の専門家に頼めば良いのです。

 

あなたはあなたができることに集中すれば良いのです。

えーっそんなんでいいのって思われましたか?

 

 

輸入ビジネスと言っても究極は物販です。

ただ、仕入れ先が海外というだけ・・・

 

素敵なあなたに熱い思いをこめて・・!

最後まで読んでくださってありがとうございます。