今日は、お客様のニーズ、ウォンツについて考えてみましょう。

 

ビジネスである以上、これをまったく無視して自分の気に入った商品を
自分の有利な条件だけで販売するということは、
ありえないことではないかもしれません。

 

しかしそれでは、長く取引を続けるのは、難しいでしょう。

 

できるだけ個別に対応できるような配慮が必要です。

 

 

では、お客様は、いったいどんな商品を欲しがっているのでしょうか?

 

 

お客様はどんな商品を欲しがっているのか?

「こんな商品が、ほしい」っていうのを詳しく分析すると、こんなことになるのです。

 

:自分の好みの色なのか?

:形は自分の好みなのか?

大きさ:自分にとって適度な大きさなのか?

 

価格:適正な価格だと感じれるか、また支払可能か?

品質:価格と比して満足できるか(費用対効果がいいか?)

デザイン:ファッショナブルで人に見せたくなるような感じか?

 

香り:心地がいい香りなのか?

包装:センスが感じられるパッケージなのか?

安全性:危険な成分、材料などが使用されていないか。産地がクリアーなのか?

これらを複合的にしかも瞬時に判断をして、購入することになります。

これに付け加えて、その商品にしかない「独特の売り」が必要です。

いまやいい商品なんてあたりまえですからね。

 

 

お客様の基準が、上がってきているのです。

これらの要因を全体的に満たす必要が、あるのです。

 

特に「独特の売り」は、俗にUSPとよばれ、
マーケティングの世界では、超有名な概念です。

 

どんな商品を選ぶのかであなたのその後の人生が決まります。

ポイントです。

その他に求めるものとは?

そして次にお客様のニーズは、商品だけではありません。

提供する側のサービスに対するニーズがあります。

たとえばどんな形の納入方法を望んでいるのかと言うことです。

具体的に見ましょう。

 

納入場所:どこに納入してほしいのか?

納入運賃:運賃は、売り手なのかお客様なのか?

納期:いつまでに納品をしてほしいのか、全量一括納品なのか、それとも分納を望むのか?

納入の荷姿:数量は、いくつ単位で、どのような梱包状態で納入をのぞんでいるのか?

不良品の返品と返金:不良品があった場合は、どのように対応してくれるのか?返金が発生した場合返金はどのようになされるのか?

 

これらの要素は、継続的な取引を考えた場合は、お客様としては気になる内容です。

 

 

そしてもうひとつ重要な要素に支払いに関するニーズがあります。

 

支払方法:現金なのか証券(小切手、手形など)、現金の場合前払いなのか後払いなのか?

支払条件:後払いの場合、何日後に払えばいいのか

 

このあたりは、お客様としては、資金繰りの関係上重要なファクターです。

このように一口にお客様のニーズといっても、多方面にわたっているのが一般的です。

 

そしてそしてさらに重要なことが、あるのです。

それは、お客様は、自分だけは特別な対応をしてほしいということです。

特にある程度の付き合いが深くなってくると、特別な扱いを望むようになります。

私だけは、スペシャルな条件で、接してよということになってきます。

 

それが、満たされないと不満をもつようになるのです。

これは、裏欲求の最たるものです。

 

どう思われますか?